こむら返りと糖尿病

痛いこむら返りと糖尿病の関係


痛いこむら返りと糖尿病の関係


糖尿病の糖尿病性神経障害になると、運動神経がおかされて
こむらがえり になることがあります。

神経障害によるこむらがえりは、運動をしている時より、
睡眠中、日常のちょっとした動作のときに起きやすくなります。

糖尿病で血糖コントロールが悪いとこむら返りが起こりやすく
気温の低いとき、筋肉の血液の流れ具合の悪い時にも影響が
あるようです。

糖尿病患者のうちこむら返りを発症する患者は約35%という
調査結果が出ていて、糖尿病患者全員が発症するわけでは
ありません。

一過性のものであれば心配ありませんが、繰り返し起きるようで
あれば一度医師の診察を受けてください。

栄養面では、カルシウムやマグネシウムが不足すると、こむら返り
が起こりやすくなります。

カルシウムは、乳製品、海藻 小魚、緑黄色野菜、大豆製品など
に多く含まれています。

マグネシウムは、魚介類、大豆製品、海藻、ナッツ類に多く
含まれています。

これらを多く摂取して、痛いこむら返りを予防したいです。


illust1039_thumb.gifillust1062_thumb.gifillust1070_thumb.gif


こむら返り 対処法 こむら返り原因 治療トップへ



スポンサードリンク




Powered by Seesaa